ベトジェットエア、外交45周年ロゴを施した最新A321をパリで受領

ベトジェットエア、外交45周年ロゴを施した最新A321をパリで受領

ニュース画像 1枚目:ベトナムとフランスの外交45周年記念 ロゴを施した機体の受領セレモニー
ベトナムとフランスの外交45周年記念 ロゴを施した機体の受領セレモニー

ベトナムの格安航空会社(LCC)、ベトジェットエアは2018年3月28日(水)、パリでA321の受領セレモニーを開催しました。機体記号(レジ)「VN-A657」の同機には、胴体前方の横にベトナムとフランスの外交45周年を記念するロゴが施されています。

新たなA321は、ベトジェットエアがエアバスに発注した121機の43機目で、単通路機の中でも幅広い客室を確保し、合理的な構造で乗客に快適さを提供するほか、顧客サービスの向上、また韓国、日本、インド、オーストラリア、アジア太平洋地域の他のデスティネーションへの運航拡大を図る戦略的な機種です。

外交45周年の記念ロゴには、伝統的な葉笠「ノンラー」を被り、赤色の伝統衣装「アオザイ」をまとったベトナム人女性と、ベレー帽と青白の格子柄のドレスを着用したフランス人女性が手をつないている様子が描かれています。詳しくは、ベトジェットエアのウェブサイトを参照ください。

メニューを開く