日本無線、マルチラテレーションシステムをフーコック国際空港に導入へ | FlyTeam ニュース

日本無線、マルチラテレーションシステムをフーコック国際空港に導入へ

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: サービス
ニュース画像 1枚目:ハノイでVATMとの署名式

ハノイでVATMとの署名式

日本無線は2018年5月16日(水)、ベトナム航空交通管理公社(VATM)と空港面監視用マルチラテレーションシステムの実証実験と技術協力に関する合意文書を締結したと発表しました。

この合意は、総務省の「空港面監視用マルチラテレーションの海外展開を通じた周波数の国際協調利用促進に関する調査研究の請負」を日本無線が受託した一環です。ベトナムのハノイで5月2日(水)、VATMとの署名式が実施されました。

空港面監視用マルチラテレーションシステムは、日本無線が電子航法研究所と共同開発し、正確な航空機位置を検出するシステムです。航空機から発せられる二次レーダ(SSR)信号を、複数の受信機で受信し、その受信時間差をもとに航空機の位置を検出します。

実証実験が実施されるベトナムのフーコック国際空港は、観光客の増加による航空需要の拡大が予想されており、 日本無線のマルチラテレーションシステムはフーコック国際空港の航空機の安全、効率的な運航に貢献に期待されています。

詳しくは、日本無線のウェブサイトを参照ください。

期日: 2018/05/16
最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加