北朝鮮船籍タンカーと船籍不明の小型船が洋上で瀬取りか 中国に関心表明 | FlyTeam ニュース

北朝鮮船籍タンカーと船籍不明の小型船が洋上で瀬取りか 中国に関心表明

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: サービス
ニュース画像 1枚目:北朝鮮船籍タンカー「JI SONG 6号」と船籍不明の小型船舶。5月19日3時20分頃撮影

北朝鮮船籍タンカー「JI SONG 6号」と船籍不明の小型船舶。5月19日3時20分頃撮影

防衛省は2018年5月29日(火)、北朝鮮船籍タンカーによる瀬取りと疑われる事案について公表しました。海上自衛隊第1航空群に所属、鹿屋航空基地に配備されているP-3Cが東シナ海の公海上、上海から南東およそ350キロメートルの沖合で確認したものです。

確認したのは5月19日(土)未明で、北朝鮮船籍タンカー「JI SONG 6号(IMO番号:8898740)」と中国国旗とみられる旗を掲揚した船籍不明の小型船舶が横付けしていました。

この2隻は、夜間に横付けして照明を点灯し、蛇管を接続していたため何らかの作業に従事していた可能性があるとしています。政府は総合的に判断し、国連安保理北朝鮮制裁委員会に通報して関係国と情報共有し、船籍不明の小型船舶に関係している可能性のある中国に関心表明を行っています。

最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加