エアバスとボンバルディア、Cシリーズのパートナーシップが確定 | FlyTeam ニュース

エアバスとボンバルディア、Cシリーズのパートナーシップが確定

ニュース画像 1枚目:エアバスとボンバルディア イメージ
エアバスとボンバルディア イメージ

エアバス、ボンバルディアは2018年7月1日(日)、Cシリーズプログラムのパートナーシップについて同日付で確定したと発表しました。Cシリーズの開発、製造を担当するCシリーズ有限責任組合(CSALP)の株式を過半数となる50.01%をエアバスが取得し、ボンバルディアは約34%、ケベック州投資公社(IQ)は約16%をそれぞれ取得します。

CSALPの本社、最終組み立てライン、関連する機能はケベック州ミラベルに置かれます。

この記事に関連するニュース
メニューを開く