チャイナエアライン、日本発台湾経由東南アジア路線で正規割引運賃を設定 | FlyTeam ニュース

チャイナエアライン、日本発台湾経由東南アジア路線で正規割引運賃を設定

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: 運賃

チャイナエアラインは2018年7月17日(火)、日本発台湾経由の東南アジア行き路線で期間限定の正規割引運賃「スーパーセーバー運賃」を設定しました。

このうち、10月10日(水)まで、21日前までの購入で、エコノミークラスの予約クラス「X」の場合、成田発着香港行きが18,000円、バンコク、ハノイ、ホーチミン、デンパサール行きが23,000円などと設定されています。ビジネスクラスの予約クラス「D」では、成田発着の香港、バンコク、ハノイ、ホーチミン、デンパサール行きが85,000円の販売です。

また、10月28日(日)まで、出発3日前までの購入で、エコノミークラスの予約クラス「N」の香港、バンコク、ハノイ、ホーチミン、デンパサール行きの場合、成田、名古屋(セントレア)、静岡、富山発着が28,000円、新千歳発着が30,000円、福岡、宮崎、熊本、鹿児島発着が27,000円で販売しています。

なお、いずれも空港諸税、燃油サーチャージ、航空保険料が別途かかります。詳しくは、チャイナエアラインのウェブサイトを参照ください。

期日: 2018/07/17から
最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加