川崎重工リンカーン工場、初の民間旅客機用貨物扉を出荷 777向け | FlyTeam ニュース

川崎重工リンカーン工場、初の民間旅客機用貨物扉を出荷 777向け

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: サービス
ニュース画像 1枚目:完成した貨物扉

完成した貨物扉

  • ニュース画像 2枚目:オートリベッター
  • ニュース画像 3枚目:出荷式

川崎重工の傘下でアメリカ・ネブラスカ州の現地法人Kawasaki Motors Manufacturing., U.S.A.(KMM)のリンカーン工場で初めて、ボーイング向け民間旅客機用の貨物扉が完成したと公表しました。現地2018年9月17日(月)に出荷式を行い、ボーイングの関係者、ネブラスカ州知事など約80名が出席しました。

KMMは2017年5月、川崎重工で初めてアメリカでの航空機部品製造拠点として、リンカーン工場内にボーイング777Xおよび777用貨物扉の製造ラインを設置していました。完成した777向け貨物扉は、縦2.6メートル、横3メートルのアルミ合金製で、ボーイングのエバレット工場に出荷されます。リンカーン工場では、777X用貨物扉の製造を進め、2019年2月から出荷を開始する予定です。

リンカーン工場の航空機部品製造ラインは、繊細かつ正確な塗装ができる川崎重工製の塗装ロボットや、打鋲の対象範囲が拡大したオートリベッターなどの最新鋭設備を活用した自動化を推進しています。また、長年の量産品事業で培ってきたカワサキ・プロダクション・システム(KPS)を適用し、高品質で効率的な生産体制を構築し、アメリカ産の資材や部品を現地調達し、輸送費やリードタイムの削減につなげています。

最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加