帰国便は最新鋭のA350! - フィンエアー(フィンランド航空) 口コミ・評価

航空会社 フィンエアー(フィンランド航空)

成田国際空港 - Narita International Airport [NRT/RJAA]で撮影された成田国際空港 - Narita International Airport [NRT/RJAA]の航空機写真

© tassさん

IATA | ICAO
AY | FIN
アライアンス
ワンワールド

搭乗レビュー
帰国便は最新鋭のA350!

航空会社
フィンエアー (運航会社:)
便名
AY072
エコノミー
搭乗日
2019/09
路線
成田(東京) → ヘルシンキ
機体記号
OH-LWM
機材
Airbus A350-941
総評5
5ッ星
機内食・ドリンク
4ッ星
座席(シート)
5ッ星
機内スタッフ
5ッ星
エンターティメント
5ッ星
トイレ・洗面台
5ッ星
機材コンディション
5ッ星
空港サービス
5ッ星
口コミ投稿者
アクセス数
170
投稿日

搭乗写真

  • 写真の種類:搭乗時の写真一般
    ヘルシンキ空港42番ゲートから出発で... 続き
  • 写真の種類:搭乗時の写真一般
    ヘルシンキ空港のゲート表示には東京と... 続き
  • 写真の種類:座席(シート)
    エコノミークラスのシートです
  • 写真の種類:座席(シート)
    ビジネスクラスシート(降機時に撮影)
  • 写真の種類:搭乗時の写真一般
    機内の様子
  • 写真の種類:機内エンターティメント・アメニティ
    こんな感じで飛行中のスケジュールや機... 続き
  • 写真の種類:機内食・ドリンク
    一食目の機内食。最後尾だったため強制... 続き
  • 写真の種類:機内食・ドリンク
    メインをアップで。
    味付けが日本的な... 続き
  • 写真の種類:搭乗時の写真一般
    消灯時の様子。消灯はだいたい日本時間... 続き
  • 写真の種類:ギャレー
    後部ギャレーの様子
  • 写真の種類:ギャレー
    後部ギャレーその2
  • 写真の種類:搭乗時の写真一般
    後部ドア
  • 写真の種類:搭乗時の写真一般
    消灯直後の様子。こうやってみるとモニ... 続き
  • 写真の種類:機内食・ドリンク
    二度目の機内食。ホワイトソースが好み... 続き
  • 写真の種類:機内食・ドリンク
    ホテルで出るような味でこれも機内食に... 続き
  • 写真の種類:機内食・ドリンク
    機内食を運んできたカート
  • 写真の種類:機内エンターティメント・アメニティ
    飛行ルート。拡大なども出来るのでどこ... 続き
  • 写真の種類:機内エンターティメント・アメニティ
    外部カメラで外もモニターで見ることが... 続き
  • 写真の種類:機内エンターティメント・アメニティ
    CGで天気が良ければこの様に見えると... 続き
  • 写真の種類:機内からの眺め
    成田空港B滑走路に到着しました。08... 続き
  • 写真の種類:搭乗時の写真一般
    無事に帰国することが出来ました。
    フ... 続き

総評

エストニア旅行の帰国便は成田へのA350。行きの関空→ヘルシンキはA330のエコのみコンフォートでしたが、帰国便はエコノミークラスで帰国になりました。予約の段階でどうするか迷いましたが、この便のエコノミーコンフォートで窓側だけが空いている席がなかったことと、A350のシート配置は3-3-3の為通路に出にくくなってしまうことなどを考えてエコノミーに。座席は最後部中央の通路側という席を選びました。エコノミーコンフォートとの差額はせいぜい7000円程度なので、良い席があればそちらを選びたかった気持ちはありますが結果的には正解でした。
トイレがすぐ側ですが特に臭いとか気になることはなく、後部ギャレーのすぐ前なので結構騒ぐ人が多い場所ですがこの便ではそんな事はなかったです。中央席なので外は見えませんが、機外のカメラの映像や外の景色をCG合成したものなどはモニターで見れました。ヘルシンキ離陸直後から雲の中に入ってしまい、翌朝中国上空で目が覚めるまでは窓際でも景色はほとんど見れなかったと思います。
まだ機齢1年にも経ってない新造機でとにかくモニターが大きかったのが印象的です。A330もMD11と違いモニターがあるだけですごいなと思ったのですが、ここまでのモニターがあると映画も見やすいですし操作もタッチパネルで行いやすいです。また出てくる情報量が半端無く、機内食の時間やメニュー、ヘルシンキ時間と現地時間の併記などもありましたし、上記したように機外の映像をCGで見せてくれるなど飽きが来ない様になっていました。

離陸が少し遅れ搭乗してからしばらく待機というトラブルはありましたが、到着も大きく遅れることなく揺れも少なく機材も新しく快適なフライトでした。


【機内食・ドリンク】
ヘルシンキ離陸後1時間半ほどで出る食事は「鶏肉のクリーミーシャントレルソースとパスタ」「ポークパテのカレーソース添え、ライス」の二つから選択できるとモニターに映されていましたが、最後尾ということもありカレーしか残っていませんでした。でもかなり美味しかったです。こちらにはヘルシンキ発便ですが日本蕎麦が付いていました。到着前の日本時間6時30分頃に出た食事は選択肢はなくホワイトソースオムレツとポテト、といったメニューでした。

【座席(シート)】
最新鋭のA350で座席も快適でした。シートピッチは往路利用のエコノミーコンフォートに比べると確かに狭いですが、10時間程度乗っていても特に辛い物ではありません。最後尾席で後ろを気にしなくて住むのも良かったです。
【機内スタッフ】
往路と同じくフィンランド人スタッフ中心で数名日本人スタッフが乗り込む形です。日本語案内は充実していますし、特に問題は感じませんでした。日本人以外のスタッフもコミュニケーションは取りやすいです。
【エンターティメント】
プログラムは行きのA330と同じだったのかもしれませんが、モニターが非常に大きく映画も見やすかったです。夜間帯の飛行なのであまりエンターテイメントを楽しむことはありませんでしたがプログラムは充実しています。機体中央の通路側の席で窓から外を眺めることは出来ませんでしたが、外部のカメラや合成映像で外の様子はモニターで見れるようになっていました。
【トイレ・洗面台】
新しい機材だけあって綺麗です。着陸間際でも特に汚れが目立つことなく使われていました。
【機材コンディション】
2018年12月登録の機体で搭乗当時まだ機齢1年に満たない新造機でした。隅々まで綺麗に整備されていた他、モニターや機内装備などは最新機を感じさせてくれました。

【空港サービス】
ヘルシンキ空港で日本語の呼び出しが行われているのには驚きました。出国も自動ゲート使えますし、トランジットの日本人も多いので安心感は高いと思います。日本語を話せるスタッフもそれなりにいました。

往路のA330でエコノミーコンフォートを利用した際のレビューはこちらになります。
https://flyteam.jp/airline/finnair/review/49622

フライトログ

搭乗の詳細データです。

座席番号
56H
搭乗クラス
エコノミー
出発予定時刻
16:45
搭乗時刻
16:25
出発時刻
17:00
到着予定時刻
08:05(+1)
到着時刻
08:18(+1)
予定飛行時間
09:20
出発空港 天気・気温
出発ゲート・スポット
42
離陸滑走路
22R
離陸時刻
17:12
到着空港 天気・気温
到着ゲート・スポット
92
着陸滑走路
34R
着陸時刻
08:05(+1)

コメントする

コメントを書くにはログインが必要です。

ログイン・会員登録はこちら

フィンエアー(フィンランド航空)の搭乗レビューを投稿・公開しませんか?

FlyTeam(フライチーム)では、搭乗レビューを投稿・公開するブログ機能を提供しています。

メニューを開く