CVN-76の横須賀帰港前にDDH-181が日米共同巡航訓練 | FlyTeam ニュース

CVN-76の横須賀帰港前にDDH-181が日米共同巡航訓練

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: スケジュール
ニュース画像 1枚目:手前にひゅうが、奥にロナルド・レーガン ひゅうが搭載機撮影

手前にひゅうが、奥にロナルド・レーガン ひゅうが搭載機撮影

  • ニュース画像 2枚目:海自SH-60KがDDG-65のヘリコプター甲板に着艦

海上幕僚監部は2018年11月27日(火)から12月5日(水)まで、海上自衛隊の艦船と空母「ロナルド・レーガン」などによる日米共同巡航訓練を実施したと公表しました。第7艦隊も同時に訓練について公表しています。

海上自衛隊の戦術技量の向上、アメリカ海軍とのさらなる連携の強化を目的に実施され、訓練海空域はバシー海峡周辺から関東南方で実施されました。参加部隊は海自が護衛艦「ひゅうが(DDH-181)」、アメリカ海軍が空母「ロナルド・レーガン(CVN-76)」など艦艇数隻で、公開された画像からミサイル駆逐艦「ベンフォールド (DDG-65)」が参加した模様です。

期間中は各種戦術訓練を実施しており、具体的には通信演習、サイバー練習、連絡調整官がアメリカ海軍側に派遣されました。第3護衛隊、第15駆逐戦隊(DESRON-15)の司令官、第70任務部隊(CTF-70)の隊員らCVN-76などで共同訓練の任務を調整しました。

アメリカ海軍は、海自ほど緊密なパートナーはインド太平洋地域では無いとし、西太平洋の脅威が拡大する中で、同盟関係が強固になると訓練を歓迎しています。

なお、CVN-76は12月5日13時11分に横須賀に入港し、8月14日(火)16時58分に出港してから113日間のパトロール任務を終えています。今回のパトロールでCVN-76搭載機ではセイバーホークスのMH-60Rを10月19日(金)、ダイヤモンドバックスのF/A-18Fを11月12日(月)、それぞれ1機ずつ訓練で失っています。

■第15駆逐戦隊(DESRON-15)
ミサイル駆逐艦
・バリー (DDG-52)
・カーティス・ウィルバー (DDG-54)
・ジョン・S・マケイン (DDG-56)
・フィッツジェラルド (DDG-62)
・ステザム (DDG-63)
・ベンフォールド (DDG-65)
・マッキャンベル (DDG-85)
・マスティン (DDG-89)
■CVW-5所属飛行隊
・第102戦闘攻撃飛行隊(VFA-102)ダイヤモンドバックス F/A-18F
・第27戦闘攻撃飛行隊(VFA-27)ロイヤルメイセス F/A-18E
・第115戦闘攻撃飛行隊(VFA-115)イーグルス F/A-18E
・第195戦闘攻撃飛行隊(VFA-195)ダムバスターズ F/A-18E
・第141電子攻撃飛行隊(VAQ-141)シャドウホークス EA-18G
・第125早期警戒飛行隊(VAW-125)タイガーテイルズ E-2D
・第30艦隊支援飛行隊(VRC-30)プロバイダーズ 第5分遣隊 C-2
・第12海上戦闘ヘリコプター飛行隊(HSC-12)ゴールデンファルコンズ MH-60S
・第77海上攻撃ヘリコプター飛行隊(HSM-77)セイバーホークス MH-60R
最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加