関空、2018年度年末年始の国際線旅客 8%増の97.9万人 | FlyTeam ニュース

関空、2018年度年末年始の国際線旅客 8%増の97.9万人

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: サービス

関西エアポートは2018年12月21日(金)から2019年1月3日(木)までの14日間、関西国際空港の国際線利用旅客数は979,300人、1日平均70,000人で前年同期比108.2%との推計を公表しました。出国、入国ともにピークは12月29日(土)です。

期間中の出国旅客は525,100人、入国旅客は525,100人です。日別のピークのうち、出国は12月29日(土)が40,100人、12月27日(木)が39,000人、1月2日(水)が38,800人、入国は12月29日(土)が38,300人、12月22日(土)が36,000人、1月3日(木)が34,900人です。

目的地別では韓国が137,100人で2%増、中国が117,100人で23%増、東南アジアが84,100人で8%増です。

期日: 2018/12/21 〜 2019/01/03
最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加