HondaJet日本初号機は「JA01JP」、投資家ら共同所有 | FlyTeam ニュース

HondaJet日本初号機は「JA01JP」、投資家ら共同所有

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: サービス
ニュース画像 1枚目:引き渡し式典

引き渡し式典

ホンダ・エアクラフト・カンパニー(HACI)は2018年12月20日(木)、HondaJetの日本での引き渡しを開始しました。「HondaJet Elite」の日本での型式証明は12月7日(金)に取得しており、これを記念し羽田空港で航空局の蝦名邦晴局長がHACIの藤野社長に型式証明書を授与し、日本で最初の顧客となる千葉功太郎さんに最新型のHondaJet Elite、登録記号(レジ)「JA01JP」が引き渡されました。

この機体は、アメリカのHACIの工場があるピエモント・トライアド国際空港から、アメリカ大陸を横断し、アラスカ州のアダックからロシアのペトロハブロフスクカムチャツキーを経由し、函館から羽田へフェリーされています。フェリー時は機体記号(レジ)「N529TG」が使用されています。

「JA01JP」はホンダの発表で千葉さんに加え、堀江貴文さん、山岸広太郎さんなどが共同所有者となる予定です。千葉さんはドローンファンド代表パートナーで、ドローンを活用した社会への投資案件に取り組んでおり、堀江さんはロケット開発、山岸さんは慶應義塾大学の研究成果を活用したベンチャー企業への投資などを手がけています。

HACIによると、日本でHondaJetを販売するディーラーの丸紅エアロスペースが運営するHondaJet Japanを通じ6月からHondaJet Eliteの日本での受注を開始し、現在までに10機を超える契約を獲得しています。

日本で初のHondaJetの所有者に名を連ねる千葉さんは、「実際に乗り、その静音性、力強さ、なめらかさ、安全性、安定性、そして何よりも機体の美しさは抜群」とコメントし、小型ジェットの普及で新しい経済活動が加速するとの考えから「12月20日は、日本における『空の移動革命 Day1』になると強く確信します」と語っています。

最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加