AIRDO、機長の飲酒による社内規則違反が発生 | FlyTeam ニュース

AIRDO、機長の飲酒による社内規則違反が発生

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: サービス

AIRDOは2019年1月25日(金)、運航規程で定められている「出発予定時刻12時間以内の飲酒の禁止」に違反して乗務した事案が発生したと公表、陳謝しています。

この事案は1月2日(水)、新千歳発羽田着のADO12便に乗務した2名の運航乗務員のうち、機長が「出発予定時刻12時間以内の飲酒の禁止」に違反して乗務していたものです。これは1月22日(火)から1月23日(水)に実施された、国土交通省航空局による立ち入り検査で、前日の飲酒状況などを調査、報告する過程で発覚しました。

当該機長は、乗務前のアルコール検査で、測定値0.07ミリグラム/リットル(mg/l)でしたが、社内規則で定めている基準値の0.10mg/l内であったため、予定通りADO12便に乗務しました。また、当該機長はADO12便で到着後、羽田発新千歳着のADO19便、新千歳発羽田着のADO20便に引き続き乗務しています。

AIRDOは、当該便の搭乗客、関係者に対し「ご迷惑をおかけしましたことを深くお詫び申し上げます」と陳謝しています。また、この事案を含むさらなる調査や要因分析を進め、同様の事象が発生しないよう再発防止に努める方針です。

最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加