セブ・パシフィック航空、4月から機内食メニューを一新 親子丼など | FlyTeam ニュース

セブ・パシフィック航空、4月から機内食メニューを一新 親子丼など

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: サービス

セブ・パシフィック航空は2019年4月1日(月)から、「アジア各地の家庭料理」をテーマとした事前注文式の機内食メニューの提供を開始します。

新たに展開される12種類のメニューは、日本離発着便を含むセブ・パシフィック航空のすべての路線で提供されます。発表されたラインナップには、日本人に親しまれている親子丼やチキンマヨサンドなどのメニューを含め、温かい食事から軽食まで幅広いメニューが用意されています。

新メニューは、3月7日(木)よりフライト予約の際や、予約管理ページから予約できます。なお、機内食の予約は出発の24時間前までとなっています。

■新メニュー
・魚の甘辛煮
・牛肉のプルコギ
・豆腐とライスのビリヤニ
・スイートチリチキン
・親子丼
・チャーハンと餃子
・カンパオチキンヌードル
・韓国風焼きビーフン
・和風チキンマヨサンドイッチ
・レチョンのパイ
・チーズとチキンソーセージパイ
・シーフードキッシュ
期日: 2019/03/07から
最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加