消防庁、防災ヘリコプターの運航基準の在り方に関する検討会を開催 | FlyTeam ニュース

消防庁、防災ヘリコプターの運航基準の在り方に関する検討会を開催

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: サービス

総務省消防庁は2019年3月14日(木)、「消防防災ヘリコプターの運航に関する基準の在り方に関する検討会」を開催します、開催場所は東京都中央区の「サンイチビレッジ ヤエス」で、開催時間は14時から16時です。

この検討会では、相次ぐ消防防災ヘリコプターの墜落事故を踏まえ、運航団体が消防防災ヘリコプターの安全性の向上に取り組むための基準に盛り込む事項と、その内容について検討します。

消防防災ヘリコプターの墜落事故は、2017年3月5日(日)に長野県消防防災航空センター所属ベル412EP、機体記号(レジ)「JA97NA」の墜落事故が発生しているほか、2018年8月10日(金)には、群馬県防災航空隊のベル412ヘリコプター、機体番号(レジ)「JA200G」の墜落事故が発生しています。

委員会は、東京理科大学総合研究院教授や宇宙航空研究開発機構の主任研究開発員をはじめ、中日本航空のヘリコプター運航部長、朝日航洋の運航部長など、13名のメンバーで構成されています。

■消防防災ヘリコプターの運航に関する
 基準の在り方に関する検討会
<座長>
小林恭一氏 (東京理科大学総合研究院教授)
<委員>
・学識経験者
小林啓二氏 (宇宙航空研究開発機構
  航空技術部門主任研究開発員)
平本隆氏 (帝京大学理工学部
  航空宇宙工学科教授)
・事業者
真木賢一氏 (中日本航空航空事業本部
  ヘリコプター運航部長)
安原達二氏 (朝日航洋東日本航空支社
  運航部運航部長)
・運航団体
井上久徳氏 (大阪市消防局警防部
  警防課航空隊長)
大町正人氏 (宮城県防災航空隊航空隊長)
萱津雅弘氏 (東京消防庁装備部航空隊参事
  兼航空隊長)
佐藤章仁氏 (徳島県危機管理部消防保安課長)
白石暢彦氏 (静岡県危機管理部部長代理
  兼危機管理監代理)
鈴木徳義氏 (岐阜県防災航空隊
  航空安全管理監)
成田清氏 (鹿児島県危機管理局消防保安課長)
広瀬優氏 (富山県消防防災航空隊航空隊長)
期日: 2019/03/14
最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加