東レ、テンカーテ・アドバンスト・コンポジットの事業ブランド名を変更 | FlyTeam ニュース

東レ、テンカーテ・アドバンスト・コンポジットの事業ブランド名を変更

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: サービス
ニュース画像 1枚目:Toray Advanced Composites

Toray Advanced Composites

東レは2019年3月12日(火)、同社の航空宇宙用途を中心に炭素繊維複合材料の製造・販売を手がける子会社、テンカーテ・アドバンスト・コンポジット・ホールディング(TCAC)の事業ブランド名を変更すると発表しました。

ブランド名は、これまでの「TenCate Advanced Composites(テンカーテ・アドバンスト・コンポジット)」から、新たに「Toray Advanced Composites(TAC)」となります。また、東レのグループ会社で、高機能産業用途向け材料を手がける「Performance Materials Corporation」も、事業ブランド名を「TenCate Performance Composites」から「Toray PMC」に変更し、東レ・グループとして認知を図ります。

TCACは、欧米に主要製造拠点を置くプリプレグメーカーで、同社の材料は航空宇宙用途で、熱可塑性樹脂や高耐熱熱硬化性樹脂材料を中心に幅広い採用実績があり、熱可塑性樹脂を用いた炭素繊維基材のグローバル・リーディング・カンパニーです。東レは2018年7月、TCACの全株式取得の手続きを完了しています。

東レは、グループ内の連携をさらに強化し、TACが強みを有する航空機向け市場にも迅速に対応していくことで、炭素繊維事業のさらなるグローバル拡大を目指す方針です。

最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加