航空局、操縦士の疲労管理に関する検討会 3月18日に第4回開催 | FlyTeam ニュース

航空局、操縦士の疲労管理に関する検討会 3月18日に第4回開催

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: サービス

国土交通省航空局は2019年3月18日(月)、「第4回 操縦士の疲労管理に関する検討会」を開催します。この検討会は、操縦士の疲労による乗務への影響を考慮した乗務時間の上限や必要な休養時間など、安全基準について検討しています。

航空局は、国際民間航空機関(ICAO)から操縦士の疲労を管理する基準として、乗務時間の上限や必要な休息時間など、乗務時間帯や時差を考慮した上で定めることを求められています。検討会は2018年度末頃をめどに、航空会社の状況を参考にしながら詳細な疲労管理基準を策定します。

第4回では、主に疲労管理基準の考え方についてのとりまとめ案について議論されます。開催場所は国土交通省4階の特別会議室で、時間は15時から17時です。なお、検討会の議事概要などは後日、国土交通省のウェブサイトに掲載される予定です。

期日: 2019/03/18
最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加