エミレーツ航空、F1スペインGPのコース上をA380でフライパス | FlyTeam ニュース

エミレーツ航空、F1スペインGPのコース上をA380でフライパス

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: サービス
ニュース画像 1枚目:エミレーツ航空、F1グランプリと提携

エミレーツ航空、F1グランプリと提携

  • ニュース画像 2枚目:エミレーツ航空、F1グランプリ会場でPR
  • ニュース画像 3枚目:エミレーツ航空A380、F1グランプリ上空を飛行

エミレーツ航空は2019年5月12日(日)、タイトルスポンサーを務めるF1世界選手権スペイングランプリで、数千人もの観客が見守る中、レースコース上をA380でフライパスし、大会を盛り上げました。

儀礼飛行は機体番号(レジ)「A6-EVC」で同社最新のA380が、ハンブルクにあるエアバスのデリバリーセンターからドバイへ向かう途中、バルセロナに立ち寄り実施されました。同機はバルセロナ空港を14時に離陸し、レースコースの上空1,000フィートを180ノットで運航しました。

エミレーツ航空は2013年からF1グランプリと提携し、2018年のスペイングランプリ中に提携契約を2022年末まで更新しました。これにより、ヨーロッパ、アジア、オーストラリア、南北アメリカのF1世界選手権15大会においてエミレーツ航空のブランディグ活動などを展開します。

■A380 Flypast at 2019 Spanish Grand Prix
期日: 2019/05/12
最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加