近畿宝くじ、但馬空港開港25周年でコウノトリ号デザインの宝くじを販売 | FlyTeam ニュース

近畿宝くじ、但馬空港開港25周年でコウノトリ号デザインの宝くじを販売

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: サービス

但馬空港開港25周年を記念し、但馬空港に就航する日本エアコミューター(JAC)のATR-42-600「コウノトリ号」を図柄にした近畿宝くじが2019年6月12日(水)から6月25日(火)まで、販売されます。

これは第2614回近畿宝くじで、販売価格は1枚100円、対象地域は近畿6府県です。当せん金は1等1,000万円が1本、前後賞が250万円、1等の組違いが10万円で19本、2等は30万円で20本、3等は3万円で200本、4等が5,000円で2,000本、5等が1,000円で20,000本、6等が100円で200,000本です。抽選日は6月28日(金)です。

但馬空港では、伊丹/但馬線が1日2往復便運航され、利用者数は2018年度に年間4万人を突破、過去最高を記録しています。JACの「コウノトリ号」は、但馬、伊丹のほか、福岡、鹿児島、屋久島、奄美群島などを結ぶ路線に就航しています。

期日: 2019/06/12 〜 2019/06/25
最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加