JALカーゴ、一部の国際貨物で情報入力手数料と情報送信手数料を改定 | FlyTeam ニュース

JALカーゴ、一部の国際貨物で情報入力手数料と情報送信手数料を改定

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: サービス

日本航空(JAL)の貨物部門JALカーゴは、2019年6月10日(月)発券分から、日本地区発の一部国際貨物の情報入力手数料と情報送信手数料を改定しました。

日本地区発アメリカ宛て、またはアメリカを経由する貨物の情報送信手数料はこれまでHOUSEにつき150円でしたが、変更後は300円となります。また、日本地区発アメリカ、カナダ、ヨーロッパ、中国、韓国、台湾、ベトナム、タイ、マレーシア、インドネシア、インドといった情報提出が必要なすべての国宛て、またはそれらを経由する貨物については、情報入力手数料がHOUSEにつき1,500円と変更しています。

マレーシア、インドネシア、インドについては情報提出が必要でしたが、手数料は不要としていましたが、今回の改定で手数料が導入されました。

なお、料金とコードは航空貨物運送状上の「Other Charge」欄に必ず記載する必要があり、JALカーゴに電子送信する場合は、「MAWB/HAWB」券面に沿った正しく登録するよう、呼びかけています。

期日: 2019/06/10から
最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加