アヴァロン、セブパシフィック航空にA320neoを1機リース

アヴァロン、セブパシフィック航空にA320neoを1機リース

ニュース画像 1枚目:セブパシフィック航空への納入機
セブパシフィック航空への納入機

アヴァロンは2019年7月9日(火)、フィリピンのセブパシフィック航空にA320neoを1機、納入したと発表しました。

アヴァロンとセブパシフィック航空は、5機のA320neoについてリース契約をしており、今回の納入はこのうちの2機目となります。1機目の機体記号(レジ)「RP-C3239」は、6月8日(土)にトゥールーズ・ブラニャック空港からオマーンのマスカット国際空港を経由し、フィリピンのニノイ・アキノ国際空港へフェリーされています。

なお、アヴァロンによるセブパシフィック航空へのリースは今回で5機目で、A320neoのほか、3機のA330をリースしています。

メニューを開く