ウィズ・エア、キシナウに3機目を配置 12月に新規4路線を開設 | FlyTeam ニュース

ウィズ・エア、キシナウに3機目を配置 12月に新規4路線を開設

ニュース画像 1枚目:ウィズ・エア A321
ウィズ・エア A321

ヨーロッパ格安航空会社(LCC)のウィズ・エアは2019年7月18日(木)、モルドバのキシナウ国際空港に3機目を配置し、この発着路線を拡大すると発表しました。新たなA320は12月に配備され、既存の8路線に加え、新規4路線を開設します。

新たに開設されるプラハ(チェコ)線は12月18日(水)から、水、日の週2便、ラルナカ(キプロス)、ドンカスター(イギリス)線は12月20日(金)から、月、金の週2便、トリノ(イタリア)線は12月21日(土)から、火、土の週2便で運航します。

このほか、ヴェローナ、ローマ・チャンピーノ、ロンドン・ルートン、ボローニャ、ブリュッセル・シャルルロワ、ドルトムント、ウィーン、ミュンヘン・メミンゲン線も増便します。

ウィズ・エアは2013年からキシナウに乗り入れ、2017年3月に同空港に拠点を設立しています。新たな機材の導入と路線開設により、2020年に追加で15万席を提供します。

期日: 2019/12/18から
メニューを開く