BOAC特別塗装747とレッドアローズが共演 | FlyTeam ニュース

BOAC特別塗装747とレッドアローズが共演

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: イベント
ニュース画像 1枚目:747とレッド・アローズ

747とレッド・アローズ

  • ニュース画像 2枚目:ブリティッシュ・エアウェイズ 747とレッドアローズ
  • ニュース画像 3枚目:ブリティッシュ・エアウェイズ 747とレッドアローズ
  • ニュース画像 4枚目:ブリティッシュ・エアウェイズ 747とレッドアローズ
  • ニュース画像 5枚目:ブリティッシュ・エアウェイズ 747とレッドアローズ
  • ニュース画像 6枚目:ブリティッシュ・エアウェイズ 747とレッドアローズ
  • ニュース画像 7枚目:ブリティッシュ・エアウェイズ 747とレッドアローズ
  • ニュース画像 8枚目:ブリティッシュ・エアウェイズ 747とレッドアローズ
  • ニュース画像 9枚目:ブリティッシュ・エアウェイズ 747とレッドアローズ
  • ニュース画像 10枚目:ジュリア・ロウズさん

世界最大のミリタリ・エアショー「ロイヤル・インターナショナル・エアタトゥー」で2019年7月20日(土)、ブリティッシュ・エアウェイズのジャンボジェットとレッド・アローズが編隊飛行し、会場を沸かせました。ブリティッシュ・エアウェイズ100周年を記念するブリティッシュ・オーバーシーズ・エアウェイズ・コーポレーション(BOAC)特別塗装が施された機体記号(レジ)「G-BYGC」が「BA100便」として上空を飛行しました。

「G-BYGC」の機内には、客室乗務員として勤務するジュリア・ロウズさんも乗務し、兄であり、レッド9としてレッドアローズで飛行するダン・ロウズ大尉の展示飛行を称えました。ジュリアさんは4カ月前に入社し、「これまで一緒に飛ぶことは想像もしなかった」と喜びを表現しました。ロウズ兄妹の父は747の機長でもあり、家族は空で結ばれています。

レッドアローズは、今回の飛行について2018年のイギリス空軍の100周年記念式典での展示飛行、そしてブリティッシュ・エアウェイズの記念式典と、次世代の空への関心を高める機会を活かすことができたとコメントしています。

最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加