ビーチクラフト・バロン58、初飛行から50周年 | FlyTeam ニュース

ビーチクラフト・バロン58、初飛行から50周年

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: サービス
ニュース画像 1枚目:ビーチクラフト・バロン58

ビーチクラフト・バロン58

ビーチクラフトのビジネス双発レシプロ機、バロン58が1969年6月の初飛行から50周年を迎えました。個人や企業だけでなく、軍隊や航空会社の練習機や連絡機として採用され、これまでに3,100機以上が納入されました。

現在生産されているバロンG58の諸元は、航続距離2,741キロメートル(km)、巡航速度374km、最大搭乗者数6名です。初飛行から半世紀の間に、出力向上、燃料タンクの増加、2005年からグラスコクピット化などの進化が加えられています。

派生型には、ターボチャージャー付で与圧された58P、ターボチャージャー付で非与圧型の58TCがあります。ビーチクラフトは現在、ビジネス機としてバロンのほか、陸上自衛隊でLR-2として運用しているキングエア、単発機のボナンザをラインナップしています。

最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加