静岡空港、8月9日から13日の国内線はほぼ満席 上海線は残りわずか | FlyTeam ニュース

静岡空港、8月9日から13日の国内線はほぼ満席 上海線は残りわずか

静岡県は、2019年8月9日(金)から8月18日(日)までのお盆期間の静岡空港の予約状況を公表しました。静岡を発着する定期便を運航する航空会社は、国内線が日本航空(JAL)、全日空(ANA)、フジドリームエアラインズ(FDA)、国際線はエアソウル、チェジュ航空、チャイナエアライン、中国東方航空、北京首都航空、中国聯合航空、四川航空です。

これによると、国内線の新千歳、丘珠、出雲、北九州、福岡、鹿児島、那覇線のいずれも、8月9日(金)から8月13日(火)までほぼ全ての便が「残りわずか」または「空席待ち受付中または満席」となっています。また、出雲線は、期間中の空席はほぼ無しですが、鹿児島線では8月15日(木)以降「空席あり」となっています。

国際線では、仁川、台北、上海、寧波、杭州、煙台、西安線のうち、上海、台北、寧波、杭州線は、期間中は「残りわずか」または「空席待ち受付中または満席」、また西安線は8月14日(水)以外は「空席待ち受付中または満席」と混雑しています。なお、仁川線は8月10日(土)の昼便を除き、全て「空席あり」となっています。いずれも8月2日(金)時点での予約状況です。

期日: 2019/08/09 〜 2019/08/18
メニューを開く