シンガポールのLCC・スクート、初便就航とあわせて東京への乗り入れを発表 | FlyTeam ニュース

シンガポールのLCC・スクート、初便就航とあわせて東京への乗り入れを発表

シンガポールの格安航空会社(LCC)、スクートは2012年6月5日、シンガポール/シドニー線の初のフライトを行いました。これとあわせて、台北経由で東京への乗り入れも発表しました。就航は2012年第3四半期としているため、9月以降になる見込みです。

なお、スクートは2レターを当初「OQ」を予定していましたが、就航前に「TZ」に変更。シドニーを結ぶ初便はTZ2便として運航されました。初便にはおよそ400名が搭乗しました。

メニューを開く