カーゴルクス、総重量43トン・長さ10メートルの巨大貨物を鄭州に空輸 | FlyTeam ニュース

カーゴルクス、総重量43トン・長さ10メートルの巨大貨物を鄭州に空輸

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: サービス
ニュース画像 1枚目:カーゴルクス

カーゴルクス

カーゴルクスは2019年9月6日(金)、総重量43トンで長さ10メートルのシャフトをルクセンブルクから鄭州に無事に輸送したと発表しました。これは、鄭州に輸送した荷物で最大サイズの貨物で、新たに設立したHNCAロジスティクスに代わり、提携企業のEuropean Logistics Partners(ELP)との協力で実施されました。

カーゴルクスは、最大60トンまでの重量貨物をその世界路線ネットワークで頻繁に輸送しますが、今回の積み荷は特別で、単体で3万5,000キログラム以上の重さの貨物が鄭州新鄭国際空港に輸送されたのは初めてであると同時に、カーゴルクスが中国本土に輸送した貨物の単体サイズとしても最大サイズでした。

カーゴルクスは大型貨物の輸送に豊富な経験がありますが、この輸送により特大サイズの貨物輸送にも精通していることが改めて証明され、カーゴルクスは極東市場への大型荷物の輸送という新たな境地を開拓しました。

最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加