伊藤忠グループとユニコ、 JALの新制服開発プロジェクトに参画 | FlyTeam ニュース

伊藤忠グループとユニコ、 JALの新制服開発プロジェクトに参画

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: サービス
ニュース画像 1枚目:JALの新制服

JALの新制服

伊藤忠グループの伊藤忠ファッションシステム(IFS)とユニコは2019年9月13日(金)、2020年4月にリニューアルする日本航空(JAL)の「新制服開発プロジェクト」の客室乗務員と地上接客部門の制服デザイン開発に参画したと発表しました。

クリエイティブディレクター/デザイナーの江角泰俊さんとともに、IFSはコンセプト・デザイン開発支援を担当し、全体コーディネートと生産はユニコが担当しました。新制服デザインは7月23日(火)に発表されており、IFSのデザイナーの服に対する理解とデザイン力と伊藤忠グループの企画・調達力を活かし、見た目の洗練さと長く使いやすい機能を持った革新的な制服に仕上がっています。

新制服は、JALが2020年とその先に向けて発信するコミュニケーションスローガン「Fly for it !」に沿った制服づくりを意識し、コンセプトやデザインが開発されました。また、JALが掲げるグローバル目標の「SDGsへの貢献」に対し、伊藤忠グループの調達力をフル活用し、再生ポリエステルの利用や耐久性の高い素材を採用するなどSDGsを意識した新制服が開発されました。さらに、日々の業務を心地よく支えつつ、常に美しい見た目が維持できるよう、パターン開発にも注力しています。

最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加