JAL、2019年度下期と2020年度上期の国内線運賃を一部変更

JAL、2019年度下期と2020年度上期の国内線運賃を一部変更

ニュース画像 1枚目:JAL イメージ
JAL イメージ

日本航空(JAL)などJALグループは、2019年年10月1日(火)から10月26日(土)までの2019年度下期搭乗分と、2020年3月29日(日)から10月24日(土)までの2020年度上期搭乗分の国内線運賃を一部変更しました。

対象運賃は、「JALビジネスきっぷ」「eビジネス」「介護帰省割引」「スカイメイト」「おともdeマイル」です。このうち、2020年度上期搭乗分の「ビジネスきっぷ」では、羽田/那覇線が41,450円、伊丹/福岡線が16,550円、名古屋(セントレア)/福岡線が19,900円、鹿児島/奄美線が22,450円などと設定されています。

なお、変更された運賃は10月1日(火)購入分から適用されます。

期日: 2019/10/01から
メニューを開く