シンガポール航空、1月から関西/シンガポール線にA350-900導入 | FlyTeam ニュース

シンガポール航空、1月から関西/シンガポール線にA350-900導入

ニュース画像 1枚目:シンガポール航空 A350-900
シンガポール航空 A350-900

シンガポール航空は2020年1月1日(水)から、関空/シンガポール線で1日3便運航のうち、SQ620とSQ621便の機材をA350-900に変更します。この便は現在、A330-300で運航していますが、他の2便の787と合わせ、最新機材に更新します。

A350-900の中距離仕様は、ビジネスクラス40席がフルフラットになり、全て通路に面した「1-2-1」のシート配列、エコノミー263席はスペースに余裕のある「3-3-3」のシート配列で、2クラス制の計303席を装備しています。

また、タレスの最新機内エンターテインメントシステム「AVANT」を搭載し、1,800チャンネル以上の映画、テレビ番組、オーディオプログラム、ゲームを直感的に操作しながら楽しむことができます。機内WiFiは、SITAONAIRによるインマルサットの高速ブロードバンドサービス「GX Aviation」が装備されています。

期日: 2020/01/01から
メニューを開く