JAL、11月21日解禁日限定でボージョレー・ヌーヴォーを提供 | FlyTeam ニュース

JAL、11月21日解禁日限定でボージョレー・ヌーヴォーを提供

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: サービス
ニュース画像 1枚目:ティエリー・マルクス スペシャルエディション 2019

ティエリー・マルクス スペシャルエディション 2019

日本航空(JAL)はボージョレー・ヌーヴォー解禁日にあわせ2019年11月21日(木)、一部国際線の機内と国内主要空港ラウンジで、ボージョレー・ヌーヴォーを提供します。

提供される2019年のボージョレーは、ワイン評論家からボージョレー地区で最高の4ツ星評価を受ける名門ワイナリー「ピエール・フェロー」のワイン「ティエリー・マルクス スペシャルエディション 2019」です。

ボジョレーを機内で提供する対象路線は、日本発着のシカゴ、ダラス・フォートワース、ボストン、ニューヨーク、サンフランシスコ、ロサンゼルス、シアトル、サンディエゴ、バンクーバー、ホノルル、コナ、ロンドン、フランクフルト、ヘルシンキ、モスクワ、シドニー、メルボルン、シンガポール、クアラルンプール、ジャカルタ、マニラ、バンコク、ハノイ、ホーチミンシティ、香港線です。ファーストクラスとビジネスクラスでの提供となります。

また対象ラウンジは、国際線がファーストクラスラウンジとサクララウンジ、国内線がダイヤモンド・プレミアムラウンジとサクララウンジです。成田空港の国際線、羽田空港の国内・国際線、関西国際空港の国際線、伊丹空港、中部国際空港(セントレア)の国際線、福岡空港の国内線、新千歳空港の国内線、那覇空港の国内線の各ラウンジで提供されます。

■ボージョレー・ヌーヴォー提供対象
・機内サービス対象路線 : 日本発着の下記路線
シカゴ、ダラス・フォートワース、
ボストン、ニューヨーク、サンフランシスコ、
ロサンゼルス、シアトル、サンディエゴ、
バンクーバー、ホノルル、コナ、ロンドン、
パリ、フランクフルト、ヘルシンキ、
モスクワ、シドニー、メルボルン、
シンガポール、クアラルンプール、デリー、
ジャカルタ、マニラ、バンコク、ハノイ、
ホーチミンシティ、香港
・ラウンジサービス 羽田空港(国際線・国内線) 成田空港(国際線) 関西空港(国際線) 伊丹空港 中部空港(国際線) 福岡空港(国内線) 新千歳空港(国内線) 那覇空港(国内線)
期日: 2019/11/21から
最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加