ANA、2020夏の羽田国際線 12路線を新設 LAとシドニー線増便 | FlyTeam ニュース

ANA、2020夏の羽田国際線 12路線を新設 LAとシドニー線増便

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: スケジュール
ニュース画像 1枚目:ANA 787-9

ANA 787-9

全日空(ANA)は2020年3月29日(日)から、羽田空港の昼間時間帯における国際線発着枠拡大にともなう国際線の運航計画を発表しました。12路線を新規開設するほか、ロサンゼルス、シドニー路線を増便します。

3月29日(日)から、羽田発着でサンノゼ、シアトル、ヒューストン、ワシントン線にデイリー便を新たに開設し、成田発着で運航していた上記4都市の路線は運休します。また、羽田/ロサンゼルス線は週7便から週14便に増便し、成田/ロサンゼルス線を週14便から週7便に減便します。

なお、羽田/サンフランシスコ線も夏スケジュール中に新規開設しますが、成田/サンフランシスコ線の運航は現状通りとなる予定です。また同日から羽田/デリー線にもデイリーで就航し、成田/デリー線を運休とします。

このほか、就航日、運航便数は未定ですが、夏スケジュール期間中に羽田発着の青島線、深圳、モスクワ・ドモジェドヴォ、ミラノ・マルペンサ、イスタンブール、ストックホルム線の開設を予定しています。現在週7便を運航する羽田/シドニー線も増便、成田/青島線はスケジュール変更を予定しています。

さらに、夏スケジュールからベトナム路線を再編します。現在、成田/ホーチミン線を週14便、羽田/ハノイ線を週7便で運航していますが、3月29日(日)からホーチミン線は羽田、成田発着がそれぞれ週7便、ハノイ線は羽田発着を運休し、成田発着で週7便の運航に変更します。

※当初配信の記事中に地名の誤りがありました。お詫びすると共に訂正し、改めて公開しています。(2019-11-19 20:47)

期日: 2020/03/29から
最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加