新田原基地エアフェスタ、当日に臨時バスとシャトルバス 宮崎交通が運行

新田原基地エアフェスタ、当日に臨時バスとシャトルバス 宮崎交通が運行

ニュース画像 1枚目:2018年のエアフェスタ
2018年のエアフェスタ

宮崎県の航空自衛隊新田原基地で2019年12月15日(日)、「新田原基地航空祭 2019 (新田原エアフェスタ)」が開催されます。当日は、宮崎交通が臨時バスとシャトルバスが運行されます。

このうち、臨時バスは宮崎市街地の宮交シティから新田原基地間で運行します。宮交シティ発の始発は5時50分で最終は8時、5分から15分間隔で運行します。新田原基地の始発は15時で、15分から20分間隔で運航し、最終は16時20分です。往復ともに、中村1丁目、橋通1丁目、佐土原駅前、軍瀬などを経由し、軍瀬と新田原基地間は直行での運行となります。新田原基地発便は、宮崎市街地・宮崎空港行きで、宮交シティから宮崎空港までは直行となります。

また、高鍋駅、高鍋市街地から新田原基地間の臨時バスも運行されます。高鍋駅の始発は6時30分で、その後15分から20分間隔で運行されますが、7時5分発以降は20分から30分間隔で、最終は11時45分です。新田原基地の始発は11時で、その後16時20分発の最終まで、20分から30分間隔で運行されます。

このほか、西都バスセンターと新田原基地間でも臨時バスが運行されるほか、10カ所設置される臨時駐車場から新田原基地間では、有料のシャトルバスが運行されます。なお、日向新富駅から新田原基地までの臨時バスは運行されないため、JR利用の場合は、佐土原駅、または高鍋駅から臨時バスの利用となります。

期日: 2019/12/15
この記事に関連するニュース
メニューを開く