オーストリア航空、20年夏の運航計画 成田線は3月中旬から運航開始 | FlyTeam ニュース

オーストリア航空、20年夏の運航計画 成田線は3月中旬から運航開始

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: スケジュール
ニュース画像 1枚目:オーストリア航空 A320

オーストリア航空 A320

オーストリア航空は2019年12月、2020年夏の運航計画を発表しました。2019年夏スケジュールと比較し、週40便を増便します。

ギリシャ路線は、前年より週12便多い最大70便を19都市へ運航します。新たにカヴァラ、サモス島に就航するほか、ロードス島、イラクリオン線、ケルキラ島、コス島を増便、ザキントス島、カルパトス、ミコノス島、スキアトス島などに運航します。

イタリアには13都市に就航し、新たにローマを路線ネットワークに追加します。運航は1日3往復便です。オルビア、カリアリ、パレルモ線を増便し、前年から週26便多い、最大週138便を運航します。

スペイン線は、バルセロナ線をユーロウイングスから移管するほか、ラス・パルマス・グランカナリア、フエルテベントゥラ、テネリフェ、イビザ、マオー・メノルカ線に就航し、カナリア諸島、バレアレス諸島への幅広いアクセスを提供します。

ドイツ路線では、新たに最大1日2往復便でニュルンベルク線に就航し、ドイツ9都市へ週280便を運航します。中欧・東欧路線では、ユーロウイングスから移管するザダル線など、33都市へ最大週440便を運航します。

このほか、長距離路線では、3月29日(日)から初となるボストン線に就航します。就航時は週4便ですが、4月中旬から週6便に増便します。夏の季節便として運航する成田線は、需要の高まりなどにより、計画より2週間早く運航を開始します。OAGによると、ウィーン発は3月12日(木)、成田発は3月14日(土)の予定です。冬スケジュール期間中は767で週4便、3月29日(日)からの夏スケジュールでは通常通り777でデイリー運航します。

最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加