JALなど、IoT技術を活用した空港ラウンジサービスの実証実験を実施 | FlyTeam ニュース

JALなど、IoT技術を活用した空港ラウンジサービスの実証実験を実施

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: サービス
ニュース画像 1枚目:JALファーストクラスラウンジ

JALファーストクラスラウンジ

  • ニュース画像 2枚目:スマートフォン 画面

日本航空(JAL)と野村総合研究所(NRI)、サトーは2019年12月4日(水)から2020年2月28日(金)まで、成田空港の国際線JALファーストクラスラウンジで位置検知テクノロジーを活用し、新スマートフォンアプリ「JAL Lounge+」を活用したサービスの実証実験を開始します。

「JAL Lounge+」は、JALイノベーションラボとNRIが共同開発したスマートフォンアプリで、今回の実験は、利用者が座席を移動せず、様々なサービスの提供を受けることができるようにする取り組みです。実証実験では、ファーストクラスラウンジの利用状況の案内サービス、食事のオーダーと利用者の座席までの配膳サービス、シャワールームの予約サービス、スタッフの呼び出し機能のサービスが実施されます。

JAL、NRI、サトーは今回の実証実験を通じて、デジタルテクノロジーを活用したユーザーエクスペリエンスのあり方を追求し、新しい発想に基づくサービスの実現を目指します。

なお、食事のオーダーサービス、シャワールームの予約サービス、スタッフの呼び出し機能は、実証実験の時間帯が限定され、利用できない時間帯があります。

期日: 2019/12/04 〜 2020/02/28
最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加