奄美空港、奄美で越冬するタカ「サシバ」の様子を収めた写真展を開催 | FlyTeam ニュース

奄美空港、奄美で越冬するタカ「サシバ」の様子を収めた写真展を開催

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: イベント
ニュース画像 1枚目:写真展の様子

写真展の様子

奄美空港は2019年12月1日(日)から2020年1月8日(水)ごろまで、写真展「サシバの越冬地・奄美大島~本土と奄美をつなぐタカ~」を開催しています。場所は1階総合案内所横の観光情報コーナーで、与名正三さんが撮影した写真が展示されています。

奄美大島は南下する渡り鳥の通過地点であり、タカの一種である「サシバ」も9月下旬から4月初めごろまで越冬地として滞在しています。この写真展では、奄美で越冬するサシバの様子を収めています。

奄美空港には、日本航空(JAL)、日本エアコミューター(JAC)、琉球エアーコミューター(RAC)、ジェイ・エアのほか、ピーチとスカイマークが就航しています。このうち、JALグループでは、羽田、伊丹、福岡、鹿児島、喜界島、徳之島、与論島、那覇に加え、徳之島経由で沖永良部線を運航しています。

期日: 2019/12/01 〜 2020/01/08
最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加