海保、1月17日に羽田航空基地所属航空機で西之島で噴火活動を観測 | FlyTeam ニュース

海保、1月17日に羽田航空基地所属航空機で西之島で噴火活動を観測

ニュース画像 1枚目:西之島の全景
西之島の全景

海上保安庁は2020年1月20日(月)、羽田航空基地所属の航空機で実施した西之島の火山活動観測の状況を発表しました。

観測は1月17日(金)13時35分から14時12分の間に実施され、噴火活動は火砕丘の中央火口から連続的な噴火が認められました。連続的な灰色の噴煙が高度およそ1,800メートル(m)まで上がり、噴石が火砕丘周辺まで飛散しています。溶岩は、西之島北東岸から溶岩流が海へ流入しており、溶岩流の先端から白色の水蒸気が認められました。

観測に同乗した東京工業大学火山流体研究センターの野上健治教授は、「2019年12月15日の観測と比較して活動は一段と活発化している。有色の噴煙が間欠的になった場合には、大きな爆発的噴火が発生する可能性がある」とコメントしています。

海上保安庁は、今回の調査により、噴火による影響が及ぶおそれがあるため、半径1.4海里以内の周辺海域警戒の航行警報により、付近航行船舶に注意を呼びかけています。

期日: 2020/01/17
メニューを開く