春秋航空日本、新型コロナウイルス拡大で成田発着天津、ハルビン線も減便

春秋航空日本、新型コロナウイルス拡大で成田発着天津、ハルビン線も減便

ニュース画像 1枚目:春秋航空日本
春秋航空日本

春秋航空日本(SPRING JAPAN)は、2020年3月28日(土)まで成田発着の寧波、重慶線の一部を運休しますが、成田発着の天津、ハルビン線を追加します。すでに中国路線の一部を運休していますが、運航規模を縮小し、武漢市を中心に発生する新型コロナウイルス肺炎感染者が拡大している現状や、中国の団体旅行禁止、公共衛生上の観点を踏まえた決定です。

今回追加した路線は、2月17日(月)から3月28日(土)まで一部便を運休します。成田/天津線では、デイリー運航のうち月、火、水、金、日を運休し、木、土は運航を継続します。また、成田/ハルビン線は、デイリー運航のうち月、火、水、木、土を運休し、金、日は運航を継続します。

振り替え、または払い戻しは、手数料無料で手続きが可能です。ただし、振り替えは1回のみです。春秋航空日本のウェブサイトまたは電話で受け付けていますが、電話の場合、つながりにくい状況が続いていることから、ウェブサイトで手続きするよう呼びかけています。

期日: 2020/02/17 〜 2020/03/28
この記事に関連するニュース
メニューを開く