豪無人機「ロイヤル・ウイングマン」、年内飛行に向けて胴体の組立完了 | FlyTeam ニュース

豪無人機「ロイヤル・ウイングマン」、年内飛行に向けて胴体の組立完了

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: サービス
ニュース画像 1枚目:ロイヤル・ウイングマン胴体

ロイヤル・ウイングマン胴体

ボーイング・オーストラリアは2020年2月10日(月)、2020年中に初飛行を目指している、オーストラリア空軍(RAAF)向け概念実証機「ロイヤル・ウィングマン」の胴体組立が完了したと発表しました。

「ロイヤル・ウィングマン」の全長は11.7メートル、航続距離は約3,700キロメートルで、複合材を多用した航空機で、3機製造を予定しています。単独自立飛行や、有人機と連携した飛行が可能で、情報収集、監視、偵察や電子戦の任務に対応できる器材を搭載します。開発費2,900万ドルは、オーストラリア国防省が負担しています。

開発には、オーストラリア企業が参画しています。BAEシステムズ・オーストラリアは、飛行制御コンピューターやナビゲーション機器などを提供、RUAGオーストラリアは降着装置を納入、フェラー・エンジニアリングは精密機械部品、AMEシステムズは配線織機を納入しています。

期日: 2020/02/10から
最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加