中国海軍Y-8哨戒機、任務で飛行 | FlyTeam ニュース

中国海軍Y-8哨戒機、任務で飛行

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: サービス
ニュース画像 1枚目:Y-8Q哨戒機

Y-8Q哨戒機

中国人民解放軍海軍で南部戦区海軍航空連隊は2020年2月13日(木)、対潜水艦戦(ASW)の哨戒飛行任務に就くため、Y-8Q哨戒機でタッチアンドゴーなどを実施しました。

Y-8Qは詳細なスペックが公表されていませんが、Y-8輸送機をベースに開発されています。2012年に初飛行し、2015年から実戦配備されている模様です。哨戒機の能力はP-3Cと同等ではないかと言われています。

Y-8輸送機は、ソ連のアントノフ設計局が開発したAn-12「カブ」をリバースエンジニアリングで開発製造した輸送機です。ソ連での生産は1972年に終了しましたが、Y-8は1974年に生産が開始されました。派生型に早期警戒型や、電子偵察型などが存在します。

期日: 2020/02/13から
最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加