ジェットスター・ジャパン、下地島路線で搭乗者数10万人達成 | FlyTeam ニュース

ジェットスター・ジャパン、下地島路線で搭乗者数10万人達成

ニュース画像 1枚目:ジェットスター・ジャパン
ジェットスター・ジャパン

ジェットスター・ジャパンは2020年3月1日(日)、成田国際空港と関西国際空港から運航する下地島空港との定期便の累積搭乗者数が10万人を達成したと発表しました。

ジェットスター・ジャパンは2019年3月30日(土)、下地島空港の旅客ターミナル施設の開業にあわせ、成田/下地島線を開設し、2019年7月3日(水)から関西/下地島線を開設しました。

2020年夏スケジュールは、下地島線の運航便数を拡大し、前年比36%増の353便を運航します。また、ゴールデンウイークや夏休みなどの繁忙期は成田線、関西線ともに毎日運航します。

ジェットスター・ジャパンは今後も、自治体や空港と一体で、宮古諸島の魅力発信や路線プロモーションを展開し、新たな需要を掘り起こす方針です。

メニューを開く