MTOW増加したA330neoが初飛行、2021年までに認証予定 | FlyTeam ニュース

MTOW増加したA330neoが初飛行、2021年までに認証予定

ニュース画像 1枚目:A330-900 MTOW251
A330-900 MTOW251

エアバスは2020年2月28日(金)、アップグレードしたA330neoが初飛行したと発表しました。今回のアップグレードは、最大離陸重量(MTOW)の増加と、航続距離の延長またはペイロード6トン増の機能が改善されたほか、機首と主脚の変更により、オーバーホールの間隔を10年から12年に延長され、整備コストを削減します。

改良したA330-900は、現行モデルと比較し、航続距離で650マイル、約1,046キロメートル長く飛行できます。A330neoファミリーの中で最も長い胴体で、客室は3クラス仕様で260席から300席を搭載できます。

新しいA330neoは、A330-900とA330-800の2機種で構成しています。このA330-800は3クラス構成で220席から260席を搭載でき、既存の同型機種の中で、1席あたりのコストが最も低くなります。

初飛行したA330-900の251トン・バージョンは2020年半ば、A330-800は2021年に航空当局から、型式証明を受領する予定です。エアバスは、今回のアップグレードは、進化する市場のニーズに対応し、航空会社は長距離路線でA330neoの経済性を活用できるとアピールしています。

メニューを開く