マカオ国際空港、旅客ターミナルビルの南側拡張工事で起工式 | FlyTeam ニュース

マカオ国際空港、旅客ターミナルビルの南側拡張工事で起工式

ニュース画像 1枚目:マカオ国際空港 旅客ターミナルビル南側拡張工事で起工式
マカオ国際空港 旅客ターミナルビル南側拡張工事で起工式

マカオ国際空港は2020年3月11日(水)、旅客ターミナルビルの南側拡張工事で起工式を実施しました。

拡張設計は2019年から開始されており、高い顧客サービスを実現するため、マカオのローカル基準だけでなく、国際航空運送協会(IATA)のガイドラインに沿ったものとなっています。増設部分は既存のターミナルビルとシームレスに統合されます。

完成は2021年中ごろの予定で、完成後のターミナルビルの床面積は17,000平方メートルとなる計画です。出発ロビーは十分な広さを備え、新たに搭乗橋を3基追加し、計8基となり、年間取扱人数は780万人から100万人に拡大します。

期日: 2020/03/11から
メニューを開く