ANAとアドレス、航空券定額制サービス実証実験を4月から拡充

ANAとアドレス、航空券定額制サービス実証実験を4月から拡充

ニュース画像 1枚目:ANA 777-200
ANA 777-200

ANAホールディングス(ANA HD)と定額制の全国住み放題・多拠点コリビング・サービス「ADDress(アドレス)」を展開するアドレスは、2020年2月から開始している航空券定額制サービスの実証実験を4月以降も拡充して継続します。

この定額サービスは、アドレスが手がける月額制、登録拠点の全国の家に自由に住める多拠点コリビングサービス「ADDress」会員を対象に、追加料金でANA国内線の指定便に月4回、搭乗できます。

これまでの実証実験の対象は⽻⽥発限定の往復航空券でしたが、4月以降はADDress拠点のある指定の空港であれば、発着空港を⾃由に選べるようになります。これにより、これまでの羽田発着の新千歳、鳥取、高松、徳島、福岡、大分、宮崎、熊本、鹿児島線に加え、羽田発着の旭川、伊丹、岡山、佐賀線、伊丹発着の新千歳、新潟、福岡線、福岡/宮崎線の指定便も利用対象となっています。

利用開始日は、4月1日(水)、5月1日(金)、6月1日(月)から選択でき、1カ月間が月4万円、2カ月間が月3.5万円、3カ月間が月3万円と設定されています。なお、5月以降は3カ月プラン、6月以降は2カ月プランは申込できません。対象人数は毎月50人で、応募多数の場合は抽選となります。

期日: 2020/04/01から
この記事に関連するニュース
メニューを開く