ふくしまスカイパーク、4月1日に再開港 コロナウイルス対策も実施 | FlyTeam ニュース

ふくしまスカイパーク、4月1日に再開港 コロナウイルス対策も実施

ニュース画像 1枚目:ふくしまスカイパーク
ふくしまスカイパーク

ふくしまスカイパークと同パーク施設内のウィングカフェは2020年4月1日(水)8時30分から、2020年度の活動を開始、再開港します。ふくしまスカイパークでは、12月末から3月末までの冬季期間、閉場していました。

再開港にあたりふくしまスカイパークは、新型コロナウイルスに対する衛生管理について発表しています。これによると、職員の体温確認や手の消毒など、健康管理と衛生管理を徹底するほか、パーク内の各施設にはアルコール消毒液が配置されます。

ウィングカフェでは、レストラン内にハンド・タッチフリーのアルコール消毒液を設置するほか、小分けの卓上アルコール消毒液を利用者1人1人に貸し出します。また、室内はUV-C付のエアクリーナーで細菌を駆除し、新鮮な空気を常時循環します。

なお、ふくしま飛行協会の展示場開放は、土、日、祝日の10時から16時です。

期日: 2020/04/01から
メニューを開く