ANA Cargo、新型コロナで高まる輸送需要に対応 貨物臨時便など | FlyTeam ニュース

ANA Cargo、新型コロナで高まる輸送需要に対応 貨物臨時便など

ニュース画像 1枚目:ANA Cargo イメージ
ANA Cargo イメージ

全日空(ANA)の貨物部門、ANA Cargoは2020年3月26日(木)、外山俊明代表取締役社長が新型コロナウイルス(COVID-19)に関する対応について、メッセージを発信しました。

現在、新型コロナウイルスの感染拡大予防のため、外出や移動の制限、他国との人々の往来を禁止する措置が世界各国で実施され、世界中の航空会社が未曾有の減便を実施し、ANAでも旅客便を中心に大規模な運休・減便を行っています。

これにより、ベリースペースの貨物供給量も激減し、旅客便や海上貨物からの代替輸送手段として貨物専用機の輸送需要が大きく高まっています。この状況を受け、ANA Cargoでは出来得る限りのリソースを活用し、貨物臨時便やチャーター便の運航、他社との連携による買取りスペースの増加、旅客機材による貨物便就航を検討し、輸送能力を維持、顧客の航空輸送ニーズに対応するとコメントしています。

運休・減便・臨時便などの最新情報は、ANA Cargoホームページで更新されています。

関連記事
メニューを開く