JAL、羽田国際線でスマートエアポートを拡大 ラウンジリニューアルも | FlyTeam ニュース

JAL、羽田国際線でスマートエアポートを拡大 ラウンジリニューアルも

ニュース画像 1枚目:羽田空港 第3ターミナル スマートセキュリティレーン
羽田空港 第3ターミナル スマートセキュリティレーン

日本航空(JAL)は2020年3月29日(日)、羽田空港の第3ターミナルで自動手荷物預け機と最新の保安検査設備「スマートセキュリティレーン」を導入、またJALファーストクラスラウンジをリニューアルオープンしました。

東京国際空港ターミナルが導入する自動手荷物預け機は、第3ターミナルのカウンター「G」と「I」に各12台、スマートセキュリティレーンは、第3ターミナルの保安検査場に導入され、手続きにかかる時間の短縮と検査の高度化・効率化を図ります。

また、第3ターミナルの本館4階に、JALファーストクラスラウンジをリニューアルオープンしました。日本を代表するインテリアデザイナーの小坂竜さんのデザインによる「モダンジャパニーズ」と、それぞれの空間に変化をもたせた「room to room」という考えを併せ、洗練された落ち着きとバラエティに富んだ空間を提供します。

リニューアルにより、座席数は213席から535席に増席、また面積も約2.5倍に拡大しています。寿司職人が目の前で握る「鮨 鶴亭」、開放的で上質なダイニングエリア「JAL’s Table」、新たに設けるラーメンダイニング、そして日本の匠の味を楽しめるBARサービス「JAL’s SALON」を設置し、JALの最高品質のラウンジサービスを提供します。

期日: 2020/03/29から
メニューを開く