タケヤ交通、仙台エアポートリムジンの一部便を当面の間運休 | FlyTeam ニュース

タケヤ交通、仙台エアポートリムジンの一部便を当面の間運休

宮城県川崎町のタケヤ交通は2020年4月13日(月)、新型コロナウイルスの影響拡大による移動需要の減少に伴い、仙台駅と仙台空港を結ぶ「仙台エアポートリムジン」の一部便を運休すると発表しました。

運休対象便は、仙台駅前行き仙台空港発18時の便が4月16日(木)から、空港発12時、15時、17時の便は、4月20日(月)から運休します。なお、再開時期は未定で、当面の間、運休となります。

仙台エアポートリムジンは、仙台バスとタケヤ交通が共同で1日9往復便を運行しています。運賃は、中学生以上の大人が1回660円、小児は1回330円で、乗車券は仙台空港内の「みちのく観光案内」と仙台駅東口JRバス案内所で購入できるほか、QRコードやバーコード決済にも対応しています。なお、予約制ではないため、停留所で並んだ順に乗車でき、満員の場合は次の便への乗車となります。

期日: 2020/04/16から
メニューを開く