ライアンエア、大幅な運休・減便スケジュールを5月14日まで延長

ライアンエア、大幅な運休・減便スケジュールを5月14日まで延長

ニュース画像 1枚目:ライアンエア ロゴ
ライアンエア ロゴ

ヨーロッパの格安航空会社(LCC)のライアンエアは2020年4月27日(月)、大幅な運休・減便スケジュールの延長を発表しました。

新型コロナウイルス(COVID-19)によるヨーロッパ各国政府によるフライト制限や渡航制限措置などにより、現在ライアンエアは99%以上の機材を運航停止しています。ただし、EU政府と連携し、緊急用に最小限のフライトを運航しています。この限定されたスケジュールを5月14日(木)まで継続します。

デイリーまたはウィークリーで運航されているのは、ダブリン発着のロンドン・スタンステッド、ロンドン・ガトウィック、バーミンガム、エディンバラ、ブリストル、グラスゴー、マンチェスター、アムステルダム、ブリュッセル、ベルリン、リスボン、ケルン線、コーク/ロンドン・スタンステッド線、またロンドン・スタンステッド発着のアイントホーフェン、リスボン、ベルリン、ブダペスト線です。

これらの路線では、すべての機材は除菌がされているほか、搭乗率が低いことから、社会的距離感を保った搭乗が可能となっています。

期日: 2020/05/14まで
この記事に関連するニュース
メニューを開く