アメリカン航空、フードバンクへの寄付を通じて外食産業で働く人々を支援

アメリカン航空、フードバンクへの寄付を通じて外食産業で働く人々を支援

ニュース画像 1枚目:アメリカン航空
アメリカン航空

アメリカン航空は、新型コロナウイルス(COVID-19)の影響でフードバンクが記録的な需要の高まりに直面する中、LEEイニシアチブのレストラン従業員救済プログラムを通して、2万5,000食を寄付したと発表しました。

シカゴとワシントンで活動するコミュニティ・キッチンを支援する今回の寄付により、アメリカン航空がコロナ危機の間に地域のフードバング、病院、NPO団体に寄付した食料は20万ポンド以上になります。

COVID-19により打撃を受ける外食産業では、限られた時間しか勤務できない人や全く働けない状況が続いています。アメリカン航空が通常機内で提供している食料を寄付することにより、コミュニティ・キッチンが持ち帰り用の食事を提供し、外食産業で働く人々を支援します。

メニューを開く