ジェットブルー、搭乗者にフェイスカバーの着用を義務化 5月4日から

ジェットブルー、搭乗者にフェイスカバーの着用を義務化 5月4日から

ニュース画像 1枚目:ジェットブルー 機内イメージ
ジェットブルー 機内イメージ

アメリカ格安航空会社(LCC)のジェットブルーは2020年5月4日(月)から、新型コロナウイルス(COVID-19)感染拡大を防ぐため、搭乗者にフェイスカバーの着用を義務付けます。

アメリカ疾病予防管理センター(CDC)のガイドラインに従った対応で、チェックイン時、搭乗中や機内において、鼻と口を覆うフェイスカバーの着用が求められます。なお、顔を覆うことができない小さな子どもは、着用義務の対象外となります。ジェットブルーは、マスクを着用することは自分を守るだけでなく、周囲の人も守ることにつながり、「搭乗時の新たなエチケット」であると説明しています。

なお、ジェットブルーでは3月下旬以降、大多数のフライトにおいて販売する座席を制限し、搭乗者の社会的距離感を保つ対策や機内の清掃強化なども実施しています。

期日: 2020/05/04から
この記事に関連するニュース
メニューを開く