宮崎空港、国内線到着口でサーモグラフィーによる検温実施 5月6日まで

宮崎空港、国内線到着口でサーモグラフィーによる検温実施 5月6日まで

ニュース画像 1枚目:検温実施の様子
検温実施の様子

宮崎空港振興協議会は2020年4月29日(水・祝)から5月6日(水・振休)まで、宮崎空港にサーモグラフィーを設置し、到着時の体温確認を実施しています。新型コロナウイルス感染症の拡大防止が目的です。

サーモグラフィーでの体温確認は、国内線到着口2番ゲートで実施し、発熱がみられた方には外出自粛や帰国者・接触者相談センターへの連絡などの呼びかけを行います。終了日は、緊急事態宣言が終了する5月6日(水・振休)の予定ですが、状況によっては期間が延長となる可能性があります。

なお、宮崎空港では水際対策として「県外から帰県した県民に対する2週間の外出自粛要請」、「発熱などの症状が出た場合は帰国者・接触者相談センターに相談する」といった知事メッセージや、同センターの連絡先を記載したチラシを掲示しています。また、4月21日(火)からは到着便の搭乗者全員にこのチラシを配布しています。

期日: 2020/04/29 〜 2020/05/06
メニューを開く